So-net無料ブログ作成
お気に入りの本【海外】 ブログトップ
前の10件 | -

「ミュータントメッセージ」 マルロ・モーガン=著 小沢瑞穂=訳 [お気に入りの本【海外】]


ミュータント・メッセージ (角川文庫)

ミュータント・メッセージ (角川文庫)

  • 作者: マルロ モーガン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 文庫
価格: ¥ 560 (税込)

著者マルロ・モーガンさんがふとしたきっかけで、オーストラリアの
アボリジニと旅に出ます。長い旅の中で、アボリジニの生き方から
人間本来の生き方というか在り方を気づかされていく。。。そんなお話です。

ずっと昔に読んで、最近あるきっかけでまた読み始めました。

あるきっかけというのは、姫だるまさんの「【速報!】高次元からの情報をキャッチ
のブログの中で、ミュータントメッセージの一節が引用されていたのを読んだからです。

o(U・ω・)Dog ear
 P150
 宇宙から与えられた才能を知らないまま一生を送る人がいるというのは本当なのか?
  ~そう、自分には才能がないと思っているミュータント(現代人を指す)はおおぜいいる。
   死ぬときまで人生の目的を考えない人が多い、と私は答えた。
    質問した男は首を横にふりながら目に大粒の涙を浮かべた。

私たちがこの世に生を受けたのには理由があり、
皆、人生の目的を達するため何かしらの才能を秘めている。

・・・そんな事を思い出させてくれた文章でした。

こんないい事書いてあったんだぁと感動し、
またいそいそと読み始めた次第です。

なんのための人生か、なんのために生きているのか。
人生に対する無力感や無価値感。
自分自身に対する無力感、無価値感。

毎年3万人以上が自殺してしまう今の日本には
そんな空虚感があります。

私も含め、そんな行き詰まりを感じている時、
アボリジニたちの言葉は忘れかけている本来の在り方を
思い出させてる、そんな一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「その望みは宇宙がかなえてくれる」 ベルベル・モーア=著 小川捷子=訳 [お気に入りの本【海外】]



価格: ¥ 1,575 (税込)

シンプルでわかりやすく、読みやすいので何度となく読める本です。

第1章の題名の通り、この著者の主張は
『宇宙に「注文」すると、願いがかなう!』というもの。

願いは声に出して、宇宙を信頼してすべてゆだねること。
思い続けたり、そうであるかのようにふるまったりせず、ゆだねて何もしない。
そうする事で、その願いはやがてかなえられるそうです。

著者も言ってますが、私もそうなのですが願いを声に出した後、
 「聞こえたかな?」とか
 「こう言った方が良かったかな?」とか
 「忘れてないかな?」とか
宇宙を信頼せず、願いをほじくり返してしまいます。

信頼してゆだねる。

これが願いをかなえるポイントだと思います。

後半に書かれている「宇宙への注文方法―まとめとアドバイス」の6点と、
「宇宙からのメッセージを呼ぶ50のアドバイス」は今すぐにでも実践できますよ。
私も実践中です(^^

o(U・ω・)Dog ear
 P124
 ~すでにお話したように、気軽に、楽しみながら。そうすればすべてはうまくいきます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「シルバーバーチの霊訓」 近藤千雄=訳 [お気に入りの本【海外】]

シルバーバーチの霊訓〈1〉

シルバーバーチの霊訓〈1〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 潮文社
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本

価格: ¥ 1,260 (税込)

イギリス人のモーリス・バーバネルをチャネラーとして、古代霊の
シルバーバーチが語る霊言をまとめた全11冊にもなる壮大なシリーズです。

誰もが生きている上で抱く疑問、「私とは何者か?」
「どうしてこの世に生まれたのか?」
そして「苦難はなぜ絶えないのか?」
最初の第3章で、シルバーバーチはそれらについて語っています。

創造するためであり、
成長するためであり、
果たすべき仕事をするためであり。。。

私たちはやはり、負荷をかけ(課題をクリアし)魂を成長させ
大霊へと向かっていく存在なのでしょうか。

「苦労することが大切」というようなことも書かれています。
たしかに自分のこれまでの人生で、苦労して掴んだもの
というのは本当に身になっていると思います。

陰を見るから、光のありがたさがわかるとも書かれています。
この世は二元性、相対性の要素があります。
たしかに陰を経験すればこそ、光のありがたさはわかります。
辛さを知れば、甘さを知ります。

だからこの世からは苦労が絶えないのでしょうか。
「いやな事」がなくならないのでしょうか。

たまに、やりきれないニュースを見ると、「あぁ、また世界中で魂が
成長したくて事を起こしているのかな・・・」なんて考えてしまいます。

だいぶ、シルバーバーチからそれてしまいました。

そうそう、本著でもやはり「愛」は最大の力と書かれています。
本当の愛は血縁にも勝り、恐怖になくし、死をも乗り越える。
そして、私たちは霊界からの愛に見守られていると書かれています。

たくさんの愛が世界に届きますように。

o(U・ω・)Dog ear
 P92
 人間の心に浮かぶ思念がすべて霊界からのものであるとは申しません。
  ~しかしその多くが、背後霊が何とかして精神と霊とを豊かにしてあげようとする
   努力の反映であって、少なくとも単なる心像として見過ごしてはいけないことだけは真実です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ハトホルの書」 トム ケニオン&ヴァージニア エッセン=著 紫上はとる=訳 [お気に入りの本【海外】]

集合意識「ハトホル」からのメッセージです。
人類が気づき、目覚めるための知識や、自分の中のエネルギーを
活性化させる方法など、色々と教えてくれてます。

ヴァージニアの投げかける様々な質問、例えばカルマや
フォトンベルトなど、それに対する「ハトホル」の回答は
非常に興味深いものでした。
一問一答のやりとりは、さながら「神との対話」といった
ところでしょうか。楽しく読めます。

「プラーナ」とか「コンダリーニ」とかの単語が出てくるので
インドのヨーガに相通じるものがあるようです。

最近また、エクササイズの1番、2番のような簡単な
呼吸の練習をしてます(^^;
エクササイズは段階を追って、書かれていますので、
やりやすいと思います。

みなさんもぜひ「カー」を活性化してみてはいかがでしょうか。

o(U・ω・)Dog ear
 P253
 ~自分の未来の外的現実(リアリティー)を変える鍵は、
  自分が下す選択から生まれることを確信してください。
  ~一番目の鍵は選択が可能であると気づくこと。
   そして二番目の鍵が、実際に選択をすることです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ソース」 マイク マクマナス=著 ヒューイ 陽子=訳 [お気に入りの本【海外】]

「ワクワクすること」こそ、私たちの人生を活性化させる力が宿り
そうすべきであり、人生を豊かに幸せに暮らすことができる。
それが著者の主張であり、それを実現するための方法を
体系立て「ソースプログラム」を作成しました。

世の常識にとらわれず、自分の内から感じる「ワクワク感」を信じて
それを行動にうつせば、お金や仕事などはあとから自然とついてくる。。。

私などは非常に勇気付けられる内容です(^^;

世にある色々な物事のうち、あるものだけに自分が「ワクワク」を
感じるという事は、自分の中の何かが「あれ、面白いよ」とか
「あれ、やってみなよ」と教えてくれているように思えます。

そんな「ワクワク」したことに囲まれて生活できたら
幸せだろうと思います。(私の究極の目標です)

ただし、著者のいう「ワクワク感」と単なる「欲望」を混同しては
いけないと思います。
時に繊細に、自分の心を見つめる必要があるかもしれません。

ちなみに「ソース」とは「源」という意味で、「ワクワクの源泉」
「生きる意欲の源」「奇跡の泉」と表現しています。

最後に装丁に描かれた機関車の絵はイマイチだと思う。。。
個人的な感想です。

o(U・ω・)Dog ear
 P62
 生まれながらのワクワクを追求することこそ、もっとも責任ある生き方であり、
  人間として一番大切な行為なのです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「聖なる知恵の言葉」 スーザン・ヘイワード=編 山川紘矢・亜希子=訳 [お気に入りの本【海外】]

聖なる知恵の言葉―魂のためのガイドブック (PHP文庫)

聖なる知恵の言葉―魂のためのガイドブック (PHP文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 文庫
価格: ¥660 (税込)

こちらも絶版のようです。ユーズドでお探し下さい。
色々な国や時代の賢者たちのお言葉が集められています。
「美しい知恵の言葉」って表現が好きです。

心を鎮めて本を開くと、その時自分に必要なメッセージが
書かれていると紹介されています。
前から読んでも後ろから読んでもいい本です(^^)

前回ご紹介したアイリーン・キャディをはじめ、
パラマハンサ・ヨガナンダ、シェイクスピア、老子などなど
色々なお言葉にふれることができます。

o(U・ω・)Dog ear
 P150
 さとりのまえ、木を切り、水を運んでいた。
  さとったあと、木を切り、水を運ぶ。 ---禅の言葉

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「神は私にこう語った」 アイリーン・キャディ=著 川瀬勝=訳 [お気に入りの本【海外】]

フィンドホーン共同体を創設したアイリーン・キャディさんの書いた本です。

彼女が瞑想中に受け取ったメッセージが沢山書かれています。
短いセンテンスに区切られていて、内容がわかりやすくて読みやすいです。

「ぱっと開いたページに今の自分に必要なメッセージが書かれている」
そんな読み方の出来る本です。(^^)

話は飛びますが、坐禅の教室で教わった、道元禅師の坐禅で
『只管打坐(しかんたざ)』というのがあり、「ただひたすらに坐る」
ことを説いています。
集中でもなく、何かを意識するというのでもなく、ただただ坐る。

この本の冒頭に「あるがままに」と書かれています。
『ただ在ること』
そのことはこの本の中にあるこれだけの「~しなさい」の中において
やはり最初に語るべき大切なことなのかなと思いました。

他の本や説教でも語られていますが、しなければならない
(した方が良い)ことは沢山あるけれど、全ての自分を受け入れ、
今まさに、ここに在るという事が大切である、と。

そこに「悟り」のようなものがあるような気がします。

私は「只管打坐」を通して、『ただ在ること』を理解しようと
しましたが、「こうしよう」「ああしよう」と目的意識を持った
とたんに『ただ在ること』から遠ざかるというジレンマに
おちいっています(^^;

まだまだ修行中の身でございます。

o(U・ω・)Dog ear
 P30
 人生にさまざまな時期があることに感謝しなさい。
  やすらぎと静けさに、そして躍動する興奮に感謝するのです。
   それぞれの時期に合わせて生きることを学びなさい。~

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「迷ったときは運命を信じなさい」 ディーパック・チョプラ=著 住友進=訳 [お気に入りの本【海外】]

私の好きなシンクロニシティーのことが書かれています。
シンクロニシティーがどういうもので(第1部)、どのように活かすか(第2部)
そんな構成になっていますが、シンクロニシティーのほかにも精神世界な
内容があふれています。
中途半端な量子物理学の解説もあいまって、少々わかりづらいかも。。。

瞑想法、マントラやスートラの解説も書かれています。
特に本書で紹介されている七つのスートラはいいこと言っています。
後半はこのスートラを中心にしたレッスンとなっています。

o(U・ω・)Dog ear
 P106
 ~すべての偶然の一致が、あなたがこの世に生まれてきた
  目的を果たせる人間に成長していく機会を与えてくれるのです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


「ラムサ-真・聖なる予言」 ラムサ=著 川瀬勝=訳 [お気に入りの本【海外】]

ラムサ―真・聖なる預言

ラムサ―真・聖なる預言

  • 作者: ラムサ
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1996/06
  • メディア: 単行本
価格: ¥ 1,631 (税込)

こちらも絶版です。
Amazonのユーズドに出品されてますが、プレミアがついてます。

私の手元にある「ラムサ」は、かみさんの友人からもらったもので、カバーもなく、
中身は赤ボールペンで線やらカッコがところどころに書かれています。(^^;
まぁ、内容が変わるわけではなし、それでも愛着のある本です。

J・Z・ナイトさんというチャネラーを通して、かつて王として生き、昇華した
ラムサが語った言葉を本にしたものです。
堂々とした話しぶりに心地よさを感じます。

死後の7つの次元、眉間にある第3の目の説明、周波数の変化による
想念→光→電磁場→物質の変遷などなど、全体の説明は科学的な
アプローチといった感じで、読んでいて楽しめました。

また前に紹介した「ラザリス」にも書いてありましたが
「ラムサ」も、自分を愛することの重要性を説いています。
(ナルシストとは、違いますが・・・)

私も日々の生活で、自己嫌悪やコンプレックスなどを感じ
自分を好きだとは言い切れぬところがあり、「自分を愛する」
ことの難しさを感じています。

読み応えのある一冊だと思います。

o(U・ω・)Dog ear
 P205
 父なるものへと導いてくれるたったひとつの道とは、とにかく何であっても、
  それが自分のよろこびであると自分で決めたことなのだ。
   そこへ到達する道はそれだけなのである。~

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ラザリス」 山川紘矢・亜希子=訳 [お気に入りの本【海外】]

ラザリス―「本当の自分」に出会う旅

ラザリス―「本当の自分」に出会う旅

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本
価格: ¥ 1,575 (税込)

絶版になってしまったのでしょうか?
Amazonではユーズドでご購入いただけます。

ジャック・パーセルさんという人をチャネラーとして、精霊「ラザリス」が
様々なメッセージを伝えています。

「あなたは本当に、あなたの現実のすべてを作り出しているのです」
本文は「本当に」のところを強調して書かれています。
素直に「あぁ、本当にそうなんだ」と納得してしまいました。(^^)

創造の原理や方法。成長のための7つのステップ。
ハイヤーセルフとつながることの重要性などなど。。。

色々とためになったり、力づけられたりします。
非常に順序立てて説明してくれるので、わかりやすいです。

最後の瞑想の方法は状況設定がされすぎていて、
実際やったらどうなのかな?と思いました。
私は瞑想や坐禅は何もせず、考えず、只々「無」になる
ことだと思っています。
※厳密に言えば「無になること」になろうとする事さえも
手放すのですけどね。

o(U・ω・)Dog ear
 P70
 あなたは、本当に、あなたの現実をのすべてを創り出しているのです。
  何ひとつ例外はありません。
   但し書きもありません。
    かっこ付きの文言もありません。~

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - お気に入りの本【海外】 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。