So-net無料ブログ作成

「バシャール スドウゲンキ」 須藤元気、ダリル・アンカ=著 [お気に入りの本【国内】]



「ページが少ないな」というのが第一印象です。
裏を返せば「もっと読みたいな」という感想です。(^^)

短い中に、様々な分野に関する質問をユーモアを
交えて対話しています。
もう少し冗談をおさえても良かったかな・・・

私が1番気になった内容は「2012年から地球の隔離期間が終わり
宇宙連合が地球に直接働きかけることができるようになる」P42
の一節です。(^^)

他の星々との直接コミュニケートできるようになる。
ロマンチックな話で、2012年が楽しみに思えます。

それと粒子の話。
物質や精神に至るまで、この世のすべてのものは
光が振動数を変えたもので構成されていると、よく
精神世界の本に書かれていますが、
(振動数が高いと、目に見えない感情とか精神となり、
 振動数が低くなればなるほど物質化、固体化する)
この振動数によって形を変える光は、複数あるのでは
なく、たった一つのものであるとバシャールは言います。

つまり、無限のスピードで、たった一つの光が
この世のすべてを形作っている。

なるほど、全ては一つってそういうことでもあるのか。。。
と妙に納得していましました。


最後に、私は昔座禅をしていた時から、呼吸を
意識するようにしています。
この本にもエネルギーを高める方法も書かれています。
やはり背骨、チャクラ、呼吸が大切なようです。
アセンションに向けて、皆さんも実践してみては
いかがでしょうか。

o(U・ω・)Dog ear
 P72
 ~すべての人が本来の自分自身であるときには、自然と他の人と
  調和が保たれ、みんなと調和することができるのです。
   そのとき、この世界は完璧なタイミングのダンスになるのです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。