So-net無料ブログ作成

「英国式スピリチュアルな暮らし方」 井形慶子=著 [お気に入りの本【国内】]



英国に根づいたスピリチュアルな事例の数々を紹介しながら
スピリチュアルとは何か、そして合理性を越えた豊かなくらし方
とは何か、説いた本です。

私は食に関する「地産地消」(ちさんちしょう)に興味を持っている
のですが、この本では「地元で取れた作物を丸ごと食べる知恵」
と題して、地元で取ったものを地元で食べるのがなぜ良いのか
書かれていました。

「身土不二」(しんどふじ)というそうですが、地元で育った食物は
その土地の汚れを克服する力があり、また有益なエネルギーを
放射しているため、食すると非常に良いというものです。

また「一物全体食」(いちもつぜんたいしょく)は、皮や茎、骨など
捨ててしまいがちな部位は非常に栄養価が高く、その食物全て
を食することで、健康になるというものです。

この二つを読んで食の大切さをあらためて考えさせられました。

もう一つ興味深かったのは「レメディ」というものです。
「ホメオパシー」という同種療法(毒をもって毒を制すみたいな)
で使われる薬(?)です。

トリカブトや鉱石、または人のガン細胞など使うこともあるそうです。[がく~(落胆した顔)]
それを100倍に薄めることを100万回繰り返した希釈液を
染み込ませたものが「レメディ」です。
用途によって色々な種類があります。

そんなに薄めたら「ただの水じゃん」と思ってしまいますが、
薄めるほど成分の持つイメージが水に伝わるのだそうです。

西洋医学の考え方と正反対なのが面白いです。
 
 
ちなみに私の新婚旅行は「イギリス」でした(^^;


o(U・ω・)Dog ear
 P126
 「社員にはそれぞれ人生の目標や興味が
   追求できるよう柔軟な勤務体制をとっている。
    それが人間としての成長につながり、業務も向上することになる。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。