So-net無料ブログ作成
検索選択

「アミ 小さな宇宙人」 エンリケ・バリオス=著 石原彰二=訳 [お気に入りの本【海外】]

宇宙を舞台にした、かわいらしい、それでいて大切なメッセージのつまった物語です。
宇宙人のアミ、地球人のペドゥリートをはじめ登場人物の誰もがとても好感がもて、
さくらももこさんの挿絵の雰囲気がぴったりです。

アミは全部で3部作ですが、どの本も共通して「」が描かれています。
そしてアミの語る世界観は、新しい価値観を私たちに提示してくれます。

ともすればディープな内容をやさしい衣につつんで
わかりやすく伝えてくれている。そんな感じです。
なにより根底に「」のあふれる物語なので、小学生のお子様にもおすすめです。

※さくらももこさんのは新装丁版でそれ以前の「アミ 小さな宇宙人」は
 リアルなUFOが描かれた、もう少しオカルトチックな表紙でした。

【関連図書
もどってきたアミ―小さな宇宙人 価格: ¥1,575 (税込)
アミ3度めの約束―愛はすべてをこえて 価格: ¥1,575 (税込)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

めぎ

マウスに惹かれておいでくださり、ありがとうございました。
この本、可愛らしいですね。
塩茶弥さんのアイコンはなんの絵なんでしょうか。
by めぎ (2007-06-27 00:15) 

塩茶弥

ようこそめぎさん
「大好きマウス」(邦題)は家族そろって大好きです。
アイコンの絵は5才の息子が描いた
鳥・・・!?だと思います。(^^;
by 塩茶弥 (2007-06-27 00:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。