So-net無料ブログ作成

「神との対話」 ニール・ドナルド・ウォルシュ=著 吉田利子=訳 [お気に入りの本【海外】]

精神世界の本をよく読むようになったきっかけとなった本です。

人生に行き詰った著者のウォルシュ氏が神に対して怒りをこめて
手紙を書いたことがきっかけで、自動書記による神との対話が始まります。
ウォルシュ氏が神にぶつける疑問はどれも我々が日々思う事ばかり、
人生の目的とは、正しい行いとは、そして神とは・・・

本書の神が、神なのか、悪魔なのか、ウォルシュ氏の人格の片割れなのか
わかりませんが、語っている内容は非常に説得力があり、それまでの価値観
をくつがえされます。

他にも様々なメッセージを受け取りますが、「愛」が大切であることを
本書の神は、繰り返し語っています。

【その他】
関連図書が非常に多いです。
私が読んだだけでも
神との対話(2)宇宙を生きる 自分を生きる
神との対話(3)宇宙になる自分になる
神との友情(上)道が見える旅が始まる
神との友情(下)旅は続く光が見える

ほかにも「新しき啓示」「明日の神
フォトブックや普及版、文庫、色々あります。
 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑お気に入りの記事があったらクリックしてください


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 4

おかあ

これは、まだ読んだことないのですが、
時々見かけて、気になってました。
こういうマスターが語っている本、
読んでて、すごく心に伝わってくる時と、
そうでもない時があり、
自分の準備ができている時に読めたらいいかなあと、
思ってます。
「ラザリス」山川ご夫妻の訳ですが、ご存知ですか?
by おかあ (2007-06-21 10:03) 

塩茶弥

ラザリスも読みました。
そのうち書評に載せようと思ってました。

おかあさんのブログで読んだことのあるのは
「迷ったときは運命を信じなさい」
「7つのチャクラ」です。

今のところ(^^)
by 塩茶弥 (2007-06-22 22:47) 

ciel

塩茶弥さん、こんばんわ。
先日文庫版を読みました。

今の私には難解な部分も多々あったものの^^;
塩茶弥さんと同じく、これまでの自分の価値観を
くつがえされるような、視界が広がるような、
とても新鮮な内容でした。

2、3もぜひ読んでみたいです。
by ciel (2007-08-04 19:59) 

塩茶弥

cielさん、こんばんは
ブログにも書きましたが、このシリーズ
たくさん、たくさん出版されてますので
色々と読んでみてください。

ちなみに私、1は○ook○ffで
購入しました。(^^;
これも必然の出会いということで。
by 塩茶弥 (2007-08-05 00:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。